GASを使って複数メンバーのGoogleカレンダーをスプレッドシートに取り込む★★☆ – ビジボット

GASを使って複数メンバーのGoogleカレンダーをスプレッドシートに取り込む
GASを使って複数メンバーのGoogleカレンダーをスプレッドシートに取り込む
ビジネス

便利なGASレシピ集!に戻る場合は以下から

便利なGASレシピ集! – [2019年最新版]

2019年5月22日

はじめに

今回のビジボットでは、タイトル通り『GASを使って複数メンバーのGoogleカレンダーをスプレッドシートに取り込む』方法を紹介していきます!主に昨日書いた記事の続きで、昨日は一人のカレンダー情報を取得でしたが、本日は一つのシートにCalendar IDを複数記載すると、IDの情報を一括でシートに出力するコードです!

\Chatwork版/GASでGoogleフォームの結果を通知したい!-2019年版

[Chatwork版]GASでGoogleフォームの結果を通知したい!-2019年版

2019年4月16日
GASで今日のGoogleカレンダーをSlackに通知する! - 2019年版

GASで今日のGoogleカレンダーをSlackに通知する! – 2019年版

2019年4月10日
GASを使ってGoogleカレンダーの予定をスプレッドシートに取り込む

GASを使ってGoogleカレンダーの予定をスプレッドシートに取り込む★★☆ – ビジボット

2019年2月20日

それでは早速始めていきます!

1.完成コード

POINT

まずはカレンダーIDを指定するシートを見ていきます。
GoogleカレンダーIDの取得は上「はじめに」で紹介した関連記事から確認する事ができます。

Calendar_IDシート - ビジボット
Calendar_IDシート – ビジボット

完成コードを記載していきます。

概要

Calendar IDをシートに登録します。登録されているCalendar IDを一つずつ取得し、Googleカレンダーから情報を取得。
そしてその処理を繰り返す。という動きです。

詳細については後ほど説明していきます!

GASコード

以下はLogger.log()で出力されたログ結果です。

GASログ

2.コード説明

POINT

まず、取得したい期間を指定します。
あまり推奨はされませんが、グローバル変数でいくつかの変数を作成してます。

日付を取得

GASコード

グローバル変数に宣言した処理が実行後、getIdが実行され取得して反映するスプレッドシートのフォーマット準備、およびGoogleカレンダーから情報を取得処理が実行されます。

GASコード

要素数を取得

function getId()が実行して情報の取得が終わるとfunction getCal()を呼び出します。この時、引数としてcalId,lastR2(calendarItemシートに入っている最終行が渡されて、取得した情報を最終行の+1行下から追加していきます。

GASコード

上記コードを実行すると、以下結果取得結果が表示されます。
A列には『Calendar_IDシート』でセットしていたIDをそのまま追加して、誰の予定かを判断できるようにしています!

しっかりと作成した予定の数と、取り込まれた予定の数はマッチしてました。
ここまでやったら次はこの予定表データに則って日時でカレンダーのタスクをSlackで自動報告するコードも追加したいですね。

↓↓作りました(笑)

GASで今日のGoogleカレンダーをSlackに通知する! - 2019年版

GASで今日のGoogleカレンダーをSlackに通知する! – 2019年版

2019年4月10日

とりあえず今回はこれで完了です!
最後までお付き合い頂きありがとうございました!