【レシピ集】GAS × セルに値を入れる(setValue)

ビジネス

便利なGASレシピ集!に戻る場合は以下から

便利なGASレシピ集! – [2019年最新版]

2019年5月22日

はじめに

どうも、ビジボットです。
今回の記事は「setRange()」でスプレッドシートのセルに入力されている値を変更する方法を紹介しています。
サンプル用のスプレッドシートを用意して「setValue()」と「setValues()」を使ってどのように値を変更するか。setする位置のセル番号を取得する方法なども紹介してます。
それではさっそく始めていきます!

セルに値を入れる

スプレッドシートに入力されている値を取得する方法を記述しています。
以下サンプル用のスプレッドシートを用意しました。

sampleスプレッドシート
sampleスプレッドシート

この中で、「ビジボットイチロウ」という名前を「ビジボット」へ変更します。
GASのエディタを開く方法などは以下ページを参照してください。

GAS初心者が抑えるべきポイント徹底解説!

2019年3月7日

セルの値を取得するレシピ

実行の結果

setValueの実行結果
setValueの実行結果

現在開いているシートまでを変数で指定できたら、変更したいセルの値をsetRange(‘指定したい値’)で指定します。

getRange()を使う

Rangeとは、セルの番地を示すものと思っていただければOKです。
getRange()の中に指定するコードですが、他にも記述方法があります。

Logger.logの結果

記述の仕方は違いますが、両方とも同じ結果が表示されてます。

setValue()を使う

getRange()のセルに対して指定したい値をsetValue()の使い、キーワードは引数にセットします。

setValues()を使う

getRange()の中は、指定する領域が増えてます、6,1は(6行目,1列目)のA6セルに該当する部分です、5,4は(A6セルから5行目,4列目)のD10セルに該当する部分です。

setValues()で遊ぶ

Logger.logの結果

2次元配列を取得したデータをsetValues()を使って、一気に値をセットします。
スクリプトの実行をするたびに、getDateRange()を使ってデータが入っているセルの領域を取得し、getLastRow()で最終行を取得します。

実行の結果

セル6列目のA6部分から10列目のD10までを対象にデータの貼り付けを行いました。実行するたびにどんどん新しいデータを下にセットしていきます。

便利なGASレシピ集!に戻る場合は以下から

便利なGASレシピ集! – [2019年最新版]

2019年5月22日