【レシピ集】GAS × 操作するシート名を指定する(getSheetByName())

【レシピ集】GAS × 操作するシート名を指定する(getSheetByName())
【レシピ集】GAS × 操作するシート名を指定する(getSheetByName())
ビジネス

便利なGASレシピ集!に戻る場合は以下から

便利なGASレシピ集! – [2019年最新版]

2019年5月22日

はじめに

どうも、ビジボットです。
今回の記事は「getSheetByName()」でスプレッドシートのシート名を取得する方法を紹介しています。 サンプル用のスプレッドシートを用意して「getSheetByName()」で名前を指定するパターンと、アクティブシートを指定するそのままのタイプをメリットデメリットでも比較してます。

それではさっそく始めていきます!

シート名を指定する

スプレッドシートのシート名を指定して操作をしたい場合、記述するテンプレートを紹介します。

シート名「ビジボットA」
シート名「ビジボットA」

この中で、「ビジボットA」というシート名の中にある「ビジボットAの値を取得」という文字をシート名を指定して取得します。
GASのエディタを開く方法などは以下ページを参照してください。

GAS初心者が抑えるべきポイント徹底解説!

2019年3月7日

シート名を指定するレシピ

Logger.logの結果

「getSheetByName(‘ビジボットA’)」を使ってシート名を指定して、該当シートに記載されている値を取得できました。

getSheetByName()を使う

スプレッドシートのシート名を指定しないでアクティブなシートを処理する場合、SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet()までは同じです。末尾に「.getSheetByName(‘取得したいシート名’);」が追加できればOKです。

アクティブなシートを処理する記述は以下から

【レシピ集】GAS × セルの値を取得する(getRange)

2019年5月22日

シート名が2つある場合もそれぞれのシート名を取得し、それらシートの中にある情報を取得します。

Logger.logの結果

それぞれのシートの値が取得できました。

それぞれのメリットデメリット

指定方法メリットデメリット
アクティブシートシート名を変更しても影響されない複雑な処理に限界
シート名複雑な処理でも可能シート名を変更すると影響する

シート名の変更が基本ないものとして、複雑な処理を実行する場合にはシート名で宣言したほうが可読性も高く、ミスも起きにくいです。
用途に応じて記述するコードを分けてもいいですし、最初からシート名を指定する記述方法もありです。

便利なGASレシピ集!に戻る場合は以下から

便利なGASレシピ集! – [2019年最新版]

2019年5月22日