【レシピ集】GAS × 分岐処理(if else~ else if~)

【レシピ集】GAS × 分岐処理(if else~ else if~)
【レシピ集】GAS × 分岐処理(if else~ else if~)
ビジネス

便利なGASレシピ集!に戻る場合は以下から

便利なGASレシピ集! – [2019年最新版]

2019年5月22日

はじめに

どうも、ビジボットです。
今回の記事はGoogleAppsScript (GAS) で分岐処理(if文)を記述する方法を紹介していきます。GASで分岐処理を記述するパターンは数多くあり、比較演算子などを使って複雑なプログラム処理を行うために必ずと言っていいほど使う記述です。「if文」以外にも分岐処理は「switch文」があります。

スクリプトエディタを用意する

GoogleDriveからスクリプトエディタを用意します。
「新規」のボタンをクリックすると以下画面が表示され、「その他」をクリックして「Google Apps Script」を選択します。

以下関連記事は、初心者がGASを始める初歩的な内容をまとめた記事です。この関連記事にもサンプルコードと実際にログで出力された結果を記載しているので参考にしてみてください。

GAS初心者が抑えるべきポイント徹底解説!

2019年3月7日

分岐処理(if)のレシピ①

Logger.logの結果

「if文」はもし、[条件]がTRUE(正しい)ならifの {} の中を実行します。
もし、[条件]がFALSE(正しくない)ならifの {} の中をスキップして処理が進みます。
記述量はごくわずかなので、上記はシンプルな例です。

「else」は結果がFALSEだった時にelse{}の中が必ず実行されます

分岐処理(else if)のレシピ②

Logger.logの結果

「if」と「else if」の違いは上記です。
「else if」は1つの処理の中で一致した処理の最初が実行されて終わります。
反対に「if」は全ての分岐処理が実行されます。

「if」と「else if」の分岐処理は結果が異なる

分岐処理(switch)のレシピ③

Logger.logの結果

シンプルな処理であれば「else if」で書いていた文より「switch」を使うことでよりシンプルに表現することが出来ます。

入れ子ifのレシピ④

Logger.logの結果

適正体重ではないですが、、自分の体重に対してBMIとあるべき体重がわかりました。「if文」で、はじめに身長と体重の値が入っていることを確認し、BMIと適正体重を計算します。
その後、「if文」の中に「if文」を記述し、BMIの結果を計算で出た結果に基づいて結果を変えてます。

便利なGASレシピ集!に戻る場合は以下から

便利なGASレシピ集! – [2019年最新版]

2019年5月22日